AGIグループ海外不動産

不動産投資関連

1.割安な価格と好利回り

①不動産価格:フィリピンは㎡当りUSD3,952-であり、 東京の価格の1/4程度で購入可能

フィリピンでは、外国人によるの土地の所有が認められて いないため、土地付きの戸建住宅は所有できませんが、  コンドミニアム等の建物は所有できます。

(政府から権利証明書が発行されます)

②賃貸物件の表面利回りは世界でもトップクラス。マニラ 首都圏で利回りが10%以上の物件もあります。

2.安定運用(空室リスクや家賃滞納リスクが低い)

①フィリピンは経済規模の拡大と共に住宅需要が増しており、 住宅入居率も9割を越えています。

②家賃1年分を現金や小切手で前納する他、保証金の預託制度により、滞納のリスクが低いです。

プレビルド物件の販売

フィルピンでは、コンドミニアムの建設計画が出来た段階から販売する(プレビルド)物件があり竣工(完成)までの期間が長いほど割安に購入できます。

竣工まで3年~5年の物件を販売し、四半年期毎に5~10%の値上るケースがあり、竣工時の価格が1.5倍になる場合もあります。

購入

予約(手付)金で物件を押さえ、竣工までに

頭金を完済します(頭金が多いほど割安になります)

【売却】

①竣工前:物件価格が上昇した場合等、売却が可能です

②竣工後:賃貸収入・物件値上りを狙えます。

キャピタルゲイン:市場価格にて売却譲渡

インカムゲイン :賃貸による収入

今回、フィリピン大手ディベロッパーSMDCと当社協同でフィリピンのビジネス街、リゾート地の不動産案件をご紹介します。

投資スキーム

フィリピンで好立地のコンドミニアムを、竣工目前に頭金の支払いのみで契約(使用権の取得)を締結します。

・必要資金は原則頭金のみ

※賃貸時のベット購入等、諸経費が一部必要

・竣工後、管理委託先による賃貸物件として2年間運用 ※契約上は物件残金をローンで払う契約ですが、賃貸料を充当しますので実質的なご負担はございません。

3年目に売却による値上がり益(キャピタルゲイン)を狙います!

賃借人の例

POGOs(ポゴは登録認可制カジノ企業:Philippine Offshore Gaming Operator)。2019年までに60社が登録認可、社員は10万人を超えている為、従業員の寮としてコンドミニアム需要等があります。

頭金+家賃2年分+物件頭金値上がり分

※物件は値上がりの他、値下がりリスクもございます。

販売中物件

1)Air Residences Condominium

価格:16,000,000円
頭金:4,800,000円(物件の30%)
期間:約2年間
賃貸料:4万ペソ( 8.66万円※ )※家賃1月分が年間管理料
備考:2021年1月より賃貸運用委託を開始

2)Shore2Residences

価格:17,500,000円
額金:5,250,000円(物件の30%)
期間:約2年間
賃貸料:4万ペソ( 8.66万円※ )※家賃1月分が年間管理料
備考:2021年1月より賃貸運用委託を開始

3)予め設定した価格で売却時の価格を確定する契約もできます。

30%の頭金で家賃22ヵ月分相当の収入見込み(年間の賃貸管理手数料が家賃の1ヶ月分)
※3年目の物件価格値上がり益は得られませんが、値下り時の損失もございません。

参考物件

Air

https://smdc.com/properties/air-residences

Shore2

https://smdc.com/properties/shore-2-residences